戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS FC東京vsサンフレッチェ広島

<<   作成日時 : 2018/04/25 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2018明治安田生命J1リーグ第10節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 広島のキックオフで前半開始。

前半3分
 右サイドで作り、高萩洋次郎選手がディエゴオリヴェイラ選手の動き出しを見極めて、前のスペースにスルーパス。
 走り込んだディエゴ選手はエリアに進入。
 相手DFを切り替えしたところで、カバーに戻った広島DF佐々木の足が引っ掛かり、PKを獲得。

前半5分
 このPKをディエゴ選手自身が、フェイントで相手GKのタイミングをずらして右に流し込みゴール。

前半9分
 広島DFラインからのパスを、相手陣内左寄りの東慶悟選手がインターセプトし、ダイレクトでエリアへ。
 ディエゴ選手がどんぴしゃのタイミングで走り込み、決定的なチャンスに。
 相手GKに詰められ、一瞬シュートのタイミングを失ったかに見えたが、冷静な判断で、左寄りからエリアに突進した永井謙佑選手の前にパス。
 これを永井選手が右足で確実に突き刺してゴール。

前半19分
 広島、吉野にイエロー。

前半終了
 立ち上がりにディエゴ選手のPKで先制。
 9分には、東選手のインターセプトから再びディエゴ選手が起点となり、永井選手の2試合連続弾でリードを広げた。
 その後も激しくぶつかり合う展開が続くが、強度やタフさで東京は負けていない。
 広島の右サイドを起点に何度かゴールに迫られたが、粘り強く戦いながら3点目を狙う。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半6分
 自陣で広島ボールを奪い、橋本拳人選手→高萩選手が持ち上がりながら、一気に前線へスルーパス。
 これにディエゴ選手が猛突進、相手と競り合いながらも前に抜け出して、エリアから右足でシュート。
 角度をつけたボールは、左ポスト下をかすめてイン。ゴール。

後半7分
 広島、ティーラシンに替えて、フェリペを投入。

後半10分
 永井選手に替えて、前田遼一選手を投入。

後半12分
 広島、吉野に替えて、稲垣を投入。

後半15分
 広島・自陣から縦につなぎ、中央のMF川辺が反転し、前線へスルーパス。
 これに合わせてFWパトリックに走り込まれる。
 右エリアからのシュートは林彰洋選手がセーブ。
 こぼれから再びパトリックにシュートを打たれたが、これもカバーに入った丸山祐市選手がブロックしたが。
 立て続けに身体を張ってピンチをしのいだが、さらにこぼれたボールに広島MF稲垣に詰められ、失点。

後半20分
 大森晃太郎選手に替えて、田邉草民選手を投入。

後半23分
 広島、柏に替えて、工藤を投入。

後半33分
 ディエゴ選手に替えて、富樫敬真選手を投入。

後半43分
 広島、パトリックにイエロー。

試合終了
 3−1で勝利。






トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC東京vsサンフレッチェ広島 戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる