FC東京vs鹿島アントラーズ

2019明治安田生命J1リーグ第7節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 鹿島のキックオフで前半開始。

前半5分
 左サイドの敵陣深い位置から小川諒也選手が左足で絶妙なクロスを供給。
 ペナルティエリア中央に走り込んだ永井謙佑選手がフリーの状態から頭でたたきこむと、曽ヶ端の手をかすめながらゴールネットに吸い込まれて先制点を奪う。

前半16分
 久保建英選手が自陣でボールを受けると、巧みなロブパスからカウンターを開始。
 永井選手が縦パスを入れると、受けたディエゴオリヴェイラ選手はペナルティエリア左で鋭い切り返しからマークを外す。
 最後は右足で冷静に流し込んで2点差とする。

前半29分
 久保選手が前線へアバウトなボールを送ると、ディエゴ選手が相手のミスからボールを拾う。
 巧みな技術で町田をかわすと、敵陣中央から独走状態に。
 最後はGKとの1対1を枠の左に沈めて3点のリードを奪う。

前半延長1分
 鹿島、小田に替えて、三竿を投入。

前半終了
 3-0と、リードで試合を折り返す。

後半開始
 鹿島、レアンドロに替えて、安部を投入。
 東京のキックオフで後半開始。

後半10分
 レオシルバが東京陣内中央の左でボールを受けると、右足で強烈なカーブを掛けたミドルシュートを放つ。
 これが枠の右に突き刺さって1点を返す。

後半14分
 永井選手に替えて、ジャエル選手を投入。

後半23分
 久保建英選手に替えて、大森晃太郎選手を投入。

後半26分
 鹿島、セルジーニョに替えて、山口を投入。

後半延長4分
 ディエゴ選手に替えて、岡崎慎選手を投入。

試合終了
 3-1で勝利。






トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック