FC東京vs大分トリニータ

2019明治安田生命J1リーグ第14節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 大分のキックオフで前半開始。

前半30分
 室屋成選手と久保建英選手の右サイドの連係の流れから、久保選手が右サイドの敵陣深くで相手をドリブルではがそうとするも、相手の守備に遭い、かわせない。
 久保選手は後方でフリーの室屋選手にボールを渡す。
 室屋選手が右サイドの敵陣深くからクロスを上げる。
 ゴール前で橋本拳人選手が合わせて先制点を奪う。

前半39分
 CKのこぼれ球を相手に拾われるも、中盤でのプレスから久保選手が左サイドでボールを奪う。
 前線をドリブルで駆け上がり、左足で鋭いシュートを放つ。
 相手にボールが当たり、ゴールネットを揺らす。

前半延長1分
 東慶悟選手にイエロー。

前半終了
 2-0と、リードで試合を折り返す。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半5分
 大分、島川にイエロー。

後半13分
 大分、島川、星に替えて、ティティパン、後藤を投入。

後半14分
 大分、小塚が中盤からパスを前線に入れる。
 オナイウが受けボールをコントロールしながらペナルティエリア左からグラウンダーのシュートを放つ。
 これがゴールネットを揺らし、失点を許す。

後半22分
 大分、ティティパンにイエロー。

後半23分
 永井謙佑選手に替えて、ユインス選手を投入。

後半36分
 ディエゴオリヴェイラ選手に替えて、矢島輝一選手を投入。
 大分、岩田に替えて、三竿を投入。

後半42分
 東慶悟選手に替えて、ナサンホ選手を投入。

後半延長1分
 大分陣内で大分のスローインの流れから、ティティパンの中盤まで上がっていたGKへのバックパスを久保選手がカット。
 ボールを奪うとすぐさまシュートを放つ。
 グラウンダーのボールが無人のゴールに吸い込まれ追加点を奪う。

試合終了
 3-1で勝利。






トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック