FC東京vs横浜F・マリノス

2019明治安田生命J1リーグ第17節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 横浜FMのキックオフで前半開始。

前半15分
 横浜FM、右サイドの敵陣深くのライン際で味方からのパスに追い付いた仲川がペナルティエリア右から鋭いグラウンダーのクロスを供給。
 ニアサイドで林彰洋選手がキャッチに行くもつかみ切れず。
 流れたボールをゴール前のMジュニオールが押し込んで先制を許す。

前半17分
 ナサンホ選手がボールを持ってペナルティエリア左の後方に進入。
 威勢よく右足でシュートを放つと、グラウンダーのボールはゴール方向へ。
 このシュートは朴の正面を突いて触られるも、朴は防ぎ切れずにそのままボールはゴールに吸い込まれる。

前半19分
 横浜FM、畠中にイエロー。

前半38分
 相手のCKの流れからロングカウンター攻撃を展開する。
 林選手が左サイドに展開すると、ハーフウェーライン付近から高萩洋次郎選手がロングフィードを供給。
 このボールをペナルティエリア手前の中央で永井謙佑選手が収める。
 朴が飛び出してきている中、永井選手はループシュートを放ち、ゴール左に決める。

前半終了
 2-1と、リードで試合を折り返す。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半10分
 自陣内でボールを奪い、カウンター攻撃を展開。
 高萩選手が敵陣浅い位置から前線にロングボールを出すと、ペナルティエリア手前で永井選手が拾う。
 ペナルティエリア左に進入した永井選手はさらに前進し、ライン際ぎりぎりで左足でクロスを上げる。
 これをゴール前のディエゴオリヴェイラ選手が頭で合わせ、ゴールネットを揺らす。

後半17分
 味方からのスルーパスに対して永井選手が駆け上がり、ペナルティエリア左に進入。
 永井選手は寄せてきたDFにフィジカルで勝利し、シュートを放つ。
 このシュートは飛び出したきた朴に防がれるも、こぼれ球はゴール前に駆け出していたディエゴ選手の下へ。
 ディエゴ選手は冷静シュートをにゴールに決める。

後半27分
 髙萩選手に替えて、アルトゥールシルバ選手を投入。

後半30分
 横浜FM、天野に替えて、三好を投入。

後半33分
 永井選手に替えて、大森晃太郎選手を投入。

後半36分
 横浜FM、ジュニオールに替えて、山谷を投入。

後半38分
 横浜FM、左サイドの東京陣内深くから遠藤がクロスを上げると、ファーサイドで反応したのは仲川。
 足に当てるも、右ポストに当たってしまう。
 跳ね返ったボールは近くにいた林選手に当たって角度が変わり、ゴールに吸い込まれる。

後半40分
 アルトゥールシルバ選手にイエロー。

後半43分
 ディエゴ選手に替えて、矢島輝一選手を投入。

試合終了
 4-2で勝利。






トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック